住宅ローンの考え方

line

家を買うのを急ぎ過ぎると危険!

若いカップルや30代のシングルが、「家賃を払い続けても自分のものにならないから、ローンを払っても最終的に自分のものになる『持ち家』を買おうと思うんです」という話をよく聞きます。智恵をつけたのは親ですね。確かに親の世代は若いうちに家を買うのはいい選択でした。少し無理してもローンを組んで家を買うと、物価も、給料も、不動産の値段もどんどん上がりま

した。ローンの返済は年々楽になり、買った不動産も値上がりし、万々歳でした。返済能力以上の住宅ローンを貸す銀行もありませんでした。しかし今は違います。無理をしてローンを借りた後、ボーナスカットや転職やリストラで収入が減ることがあります。ローンが返済できなくなる危険があるのです。無理なローンを「平気ですよ。皆さん、このくらい借りてますよ」とすすめる金融機関も多いのです

親世代とは時代が全く違う

しかし、給料が上がらないから、ローン返済は楽にならない。不動産が値下がりするのも珍しくありません。そうすると、売ろうとしても売り値よりローン残高が大きくなってしまい、売れないか、売ってもローンが残ることになります。家を買ってはダメということではなく、「家賃を払うのがもったいない」という理由で安易に買うと失敗するということ

です。家で失敗すると、取り戻すのが大変です。若いうちに、貯金が少ないうちに買う人ほど、この失敗をおかしやすいので気をつけましょう。

クローゼット

新築を購入すると、どうしても設置したいのが、広めのクローゼットですね。 鞄工房山本 ランドセル も、きれいに入ります。また、アパートで貯めていた、お洋服もたっぷりと収納できますね。